大分県日田市城町1-2-61

通所リハビリテーションのご案内

通所リハビリテーションとは

地域社会において生活するうえで、「機能レベルを維持する」「体力をつける」「社会参加をする」の3つの目的を持ち、生きがいや人生の喜びを感じていただけるよう、医師・理学療法士・作業療法士・看護師・介護福祉士等によるスタッフがチームを組み、生活リハビリを行います。

また家族の皆様の負担が軽減できるように在宅療養を支援していきます。

通所リハビリセンターけいりんでは

心身機能の維持・回復を図るため、医師を始め、リハビリの専門職(理学療法士・作業療法士・言語聴覚士)が利用者様お一人、おひとりに応じたリハビリテーション計画を作成し、その計画に沿ったリハビリ等を、スタッフ全員で行います

 

当施設では特に機能訓練や生活動作訓練に力を入れ、利用者様が在宅において生活を営む際、困難に感じる点を少しでも軽減できるように支援致します。

また、様々なレクリエーションや外出なども企画し、適度な刺激と、心地よい時間をお過ごしいただけるようスタッフ一同努力しています。

 

 

リハビリの専門職

通所リハビリセンターけいりんでは、リハビリテーションの専門職である、理学療法士作業療法士,言語聴覚士をスタッフに揃え、おひとり、おひとりに合ったリハビリテーションを提供しております。

ご利用いただく皆様の為に

朝礼では、ご利用いただく皆様の留意点等を確認し、スタッフ一同で情報を共有することで、一日を通して、キメの細かいサービスが提供できるように心掛けております。

 

 

通所リハビリセンターのご利用について

通所リハビリセンターけいりんは要介護の認定又は要支援の認定を受けた方がご利用頂けるリハビリ施設となります。

ご利用料金の目安

(例)要介護度1(月8回のご利用)

介護保険 5,576円+食費・日用品代 4,960円=10,536円

 

利用料は介護保険の1〜2割負担と、食費・日用生活の合計となります。

ご利用者の介護度や、利用内容により異なります。詳細はお問い合わせください。

 

(例)要支援1(月4回のご利用)

介護保険 2,305円+食費・日用品代 2,480円=4,785円

 

利用料は介護保険の1〜2割負担と、食費・日用生活の合計となります。

ご利用者の介護度や、利用内容により異なります。詳細はお問い合わせください。

 

通所リハビリセンターけいりんのサービス

サービスの内容

スタッフが、ご自宅より当施設まで責任を持って送迎いたします。

 

看護師が血圧・体温・脈拍等の健康チェックや健康相談を行います。歯科衛生士による口腔相談も行っています。

 

リハビリの専門職(理学療法士・作業療法士)が利用者様に合ったプログラムを作成し、リハビリを実施致します。

 

個人の状態に応じたお風呂で、入浴をしていただきます。

 

管理栄養士が、利用者様に応じて栄養バランスや塩分量を考えたお料理をお弁当形式でご用意いたします。

又食器対応の希望も承ります。

 


日常生活でのお困り事、悩み事、介護保険等の各種相談(申請手続き等)など、いつでも、お気軽にご相談ください。

サービス

長い直線を使って歩行能力検査を実施

サービス

車椅子も通行できるゆったりスペース

サービス

専門資格を持ったスタッフによる機能訓練に加え多様なマシンエクササイズが可能

サービス

様々な運動用具で手・足の筋力訓練を実施

サービス

主食は麦入飯や味ごはん、主菜、副菜、8種類を作っています。

 

 

サービス

大浴場に加え個浴も3箇所ご用意しております。手すりもあるので安心。

 

 

TVでも話題になった足こぎ車椅子で機能回復!

もう一度自分の足で風を感じたい!

 

半身麻痺の方でも自力でこげる

脳卒中で片側半身が完全麻痺して全く歩けない方でも、両足でこげます。どちらかの足が少しでも動かさせれば、チェアサイクルをこげる可能性があります。

長距離サイクリングが可能

早足程度のスピードで、心地よい長距離サイクリングが可能なため、知らず知らずのうちに、楽しく無理のないリハビリを続ける事ができます。

 

一日の流れ

 

8:30〜
  9:30

送迎(お迎え)バイタルチェック

到着順に健康チェックを行います。

9:30〜

リハビリ/機能訓練・物理療法と入浴

各々に応じ機能訓練・各種物理療法などを行います。

リハビリの合間に、時間をうまく活用し入浴してもらいます。

12:00

昼食・休憩

皆様で、食事タイムはにぎやかに楽しく、いただきます。

13:00

軽体操・頭脳体操・<リハビリ>

頭を使ったゲームです。

午後もしっかりリハビリ時間が確保できます。

14:15

レクリエーション

季節の行事やゲーム、創作活動など、皆さんで楽しんでいただけるような企画をします。

14:45

おやつ・帰宅準備

皆さんで楽しくお茶を!

一日のご様子を連絡帳に記入し、お渡しします。

15:20

<帰りの会>・ラジオ体操・歌

ラジオ体操・手話歌で、一日のしめくくりです。

15:30

送迎(お帰り)

今日も一日があっという間に過ぎていきます。

 

 

年間の行事

年間行事

その他、利用者様に楽しんでいただける、季節に合った様々な行事・レクリエーションを企画し、常に刺激のある生活を送っていただけるよう運営していきたいと思っています。

ご利用をお考えの方へ

サービスをご利用できる方

介護ほけんサービスセンター

介護認定において

○要介護1から要介護5の認定を受けた方

○要支援1・2の認定を受けた方

ご相談ください

 

利用料の目安

利用料は介護保険の1〜2割負担と、食費・日用生活費の合計となりますが、ご利用者の介護度や、利用内容により異なります。⇒(ご利用料金の例)

 

通所時の持ち物

連絡帳(こちらで用意させていただきます。)

運動のできる服装(靴はつっかけタイプでないもの)

毎日服用されているお薬および外用薬

入浴ご利用の方は、着替え・タオル2枚と、必要であればバスタオルやナイロンタオルなど。
(シャンプー、せっけん等はこちらで用意致します。)

 

※持ち物には記名をお願い致します。

 

ご利用時間

月曜日〜土曜日(祝祭日を含む)

9:00〜15:30の6時間以上〜8時間未満です。

(その他の時間については、ご相談の際に検討させていただきます。)

 

けいりん介護保険サービスセンター

介護保険って何?

ケアプランって何?

私には必要なの?

役所まで行くことができません

デイサービスを利用したいけど

などなど、介護保険に関する疑問は、様々です。

 

そんな利用者様の声に、お応えするのが ”けいりん介護保険サービスセンター”です。

 

介護支援専門員が療養生活をお手伝い

介護保険の内容説明をはじめとする各種相談から認定申請代行、居宅サービス計画(ケアプラン)の作成や行政、居宅サービス事業者との連絡調整、苦情の処理など介護支援専門員が療養生活をお手伝いさせていただきます。

 

これからの療養生活には、切り離せない介護保険。スムーズに利用するために、どうぞご相談ください。(ご相談における個人の秘密は厳守されます。)

(代)0973-22-1626

通所リハビリセンター 

担当 辛島すみ恵・吉原久美・蒲池まゆみ

上に戻る