回復期リハビリテーションとは

 

早期のリハビリテーションを行う事で患者さまの家庭復帰・社会復帰をお手伝いする役割のリハビリテーション医療です。

 

脳血管疾患や重症骨折時に救急病院での治療が安定した後、早期から、または機能障害を持つ患者さんが、日常生活動作の向上を通して家庭復帰を目指すために設けられた病棟です。先に入院されていた急性期病院と連携を保つことで継続的で適切な治療を行うとともに、リハビリスタッフはチーム医療の中で、患者さんが生活の場で必要となる能力の評価と訓練を行います。

 

365日リハビリ  

日常の社会では日曜日はお休みですが生活する上での日常動作には日曜日(休み)はありません。回復期リハビリテーション病棟においては日常生活動作改善を図るリハビリテーションが主となります。『食事をする』『トイレに行く』『顔を洗う』『お風呂に入る』など日常生活動作は日曜日でも行います。ですから回復期リハビリテーション病棟においてのリハビリテーションは365日休みなく実施致します。
当院ではリハビリテーション担当者を充実し、それぞれの患者さまのご要望にあったリハビリテーションを提供しております。

在宅復帰に向けた綿密な連携体制 

 回復期リハビリテーション病棟では、在宅復帰を目指す全ての患者さん・ご家族に対して、「退院前在宅訪問指導(家屋調査)」を実施しております。当院ではご自宅の訪問には担当リハビリスタッフ、担当医療相談員(ソーシャルワーカー)が同行させて頂きます。 退院後の患者さまの安全な生活環境をご提案し患者さん・ご家族の在宅復帰・社会復帰を支えています。

 

 

チーム医療 

 桂林病院では医師、看護師、介護福祉士、理学療法士、作業療法士、薬剤師、管理栄養士、医療相談員(ソーシャルワーカー)、事務職のチームでひとりひとりの患者さんのリハビリテーション医療に取り組んでいます。

 

リハビリの種類   

当院では、「理学療法士」、「作業療法士」、「言語聴覚士」、「介護福祉士」がおり、それぞれ専門的なリハビリテーション治療を行っています。

理学療法士    主に身体の基本的な機能回復をサポート

 理学療法では、主に筋力の増強や歩行訓練、手足の拘縮予防の関節運動、麻痺回復の運動療法や起居動作訓練などを行います。
そして、重度障害のある方のベッドでのリハビリも含め、これらの治療は退院後のより良い生活をイメージしながら、患者さん各々のプログラムの作成をし、状態を観察しつつ進めて行きます。


作業療法士   主に日常生活を送る上で必要な機能回復をサポート

 作業療法では日常生活動作の回復とともに、社会環境への順応力を取り戻す治療を行います。そのために、朝起きてから翌朝までの一連の動作や生活リズムを、洗面・食事・排泄・買物・調理・入浴などの具体的なシーンに沿った訓練で身につけます。
従って、病院内に限らず、担当の作業療法士と一緒に院外へ出かけての訓練も積極的に行っています。


言語聴覚士   話す、聞く、食べるのスペシャリストです。 

 聴く、話す、読む、書くといった、言語に関わる障害と、嚥下(飲み込み)障害に対する訓練を行います。
当院では食に対するアプローチを重要に感じており管理栄養士をはじめとする他職種スタッフと連携を図り患者さんの食の改善に力を入れております。もちろん、食の改善だけではなく「話す、聞く」などのコミュニケーション動作の訓練も大変重要な訓練のひとつです。


 

歯科衛生士 口腔ケア
 

 病院内には、歯科衛生士が常駐しており、看護・介護者・言語聴覚士と協力しながら口腔ケアを行っています。
口腔内の汚れは、単に見栄えや気分的なものだけでなく、食欲に影響を与えたり、肺炎を併発したりと様々なところに影響を与えます。
また、食事は人間の基本的欲求の一つであるという考えの基に、できる限り経口からの食事摂取をすすめるために、医師・言語聴覚士・管理栄養士・看護師・介護福祉士・歯科衛生士・理学療法士・作業療法士と連携し、摂食・嚥下状態を調べた上で、患者さんお一人おひとりに合った具体的な計画を立てて食事訓練を行い、効果をあげています。